過払い請求の弁護費用は幾らかかるのか

キャッシングベスト3

【Q&A】消費者金融過払い請求の弁護士費用っていくらぐらい?

Q.昔消費者金融で借りていて既に完済した分を、自分で引き直し計算してみたら、少しですが過払いがありました。請求をかけても大金ではないので、弁護士費用を支払えるかどうかわかりません。過払い請求では、依頼した弁護士にはどのくらい支払えばいいんでしょうか?

A.弁護士の費用って、その内容によっていろんなパターンがあると思うけど、こういう場合は、請求によって戻って来た金額にもよるみたいやで。そやから、もしも過払い請求かけて全額戻ったとして、その金額の何割か、通常1割から2割程度が成功報酬として弁護士に支払われることになる。低い金額なら低いなりに支払うから、少なくとも成功報酬が返還額を上回ることはあらへんので、この点では心配ない。

でも問題は、このような一連の手続きにかかる実費やねん。印紙代とか
必要な経費の全てが依頼者持ちになるから、返還された金額が少なかった場合、これで足が出てしまう可能性もあるよ。成功報酬のことしか考えんと依頼してしまって、後で実費も請求さることに気づいてガッカリ!なんてことは困るで。

また、弁護士に依頼すると、実際に請求にとりかかる前に支払う着手金というものもある。弁護士費用というと、どうしても報酬ばっかり気になるけど、こういう支払いもあることも頭に入れとかなあかんね。そやなくてもお金が足りひんときやのに、予想外の出費があったら大変や。実費については、最初からはっきりした金額がわからへんし、依頼内容や返還金額にもよっても違ってくるから、最初に大雑把なところを聞いておくことが必要や。

着手金については、請求先一社について、1万円から2万円くらいになるんやて。もしも3社に請求かけるとしたら、契約時の最初に最低でも3万円は必要になるということや。支払い方法については、一括でなくてもええ場合もあるから要相談やな。報酬も一律同じやなく、弁護士によっても様々やから、相談の前に費用のことはしっかり聞いておくのが大事や。

過払い請求は、長年返済してた人なんかの場合、その返還額も大きくて、完済した上に数百万円が戻って来る例もあるんやって。こんだけ金額が大きかったら、弁護士費用支払っても余裕やろうな。そやけど請求額がさほど大きくない場合は、お金もない時やし、依頼費用が勿体ない気持ちにもなるなぁ。

そんな人は、専門家を使わず自分で請求する人も少なくないよ。そういう人の体験談もあるし、マニュアル本もあるみたいから、いっぺん調べてみたらどうやろう。ただし、こういうところに載ってるのは成功例がほとんどや。失敗例もあるんやで。やってはみたけど、時間もかかって、結局返還できひんかったという例も少なくないということは頭に置いといてや。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【大人気】審査が甘い!?カードローン厳選サイト! All Rights Reserved.